離婚時のトラブル

マンガで事例紹介

共有不動産問題相談センターでできること

共有不動産問題相談センターでできること(1)

Check!
離婚時に住宅ローンの借り換えを断られるのはなぜ?

1. 銀行では、原則として、夫婦間の名義変更を受け付けていない
2. 住宅ローンの名義変更は肩代わりになってしまう
このような理由から、住宅ローンの借り換えや名義変更を断られることがあります。

共有不動産問題相談センターでできること(2)

共有不動産問題相談センターでできること(3)

共有不動産問題相談センターでできること(4)

離婚が決まって、マイホームの住宅ローンの借り換えや名義変更をしようと銀行に交渉しても、なかなかスムーズには進まないのが実情です。借り換えを断られることも多々あります。
また、条件変更に際しても、数多くの書類をそろえて提出しなくてはならず、かなり手間がかかります。

そんなときはぜひ、「共有不動産問題相談センター」にご相談ください。
離婚カウンセラーの資格を持った住宅ローンアドバイザーをはじめ、不動産や金融といった各分野のプロフェッショナルが、皆さまのお悩みに合わせた解決方法をご提案いたします。

ケーススタディ

CASE 1

公正証書の作成代行


離婚してもそのまま家に住み続けたいAさんからのご相談。
これまで主婦だったために定期的な収入を証明できず、ペアローンの解消ができなくて困っています。

公正証書の作成代行

続きを読む

CASE 2

夫婦間での名義変更


実家の土地に夫名義の家を建てたが、現在は離婚調停中のBさんからのご相談。
自分の実家の土地なのだから、夫の名義を自分の名義に変更したいと考えています。

夫婦間での名義変更

続きを読む

CASE 3

ペアローンを一本化


新しいパートナーと家を買いたいCさんからのご相談。
前の旦那さんとのペアローンが残っているため、新しいローンが組めなくて困っています。

ペアローンを一本化

続きを読む


ご相談料は無料!

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル:0120-689-798

メールフォームでのお問い合わせ

無料お問い合わせはこちらから


土日もOK! ●電話受付 10:00~19:00 ●定休日:第1・第3火曜日および水曜日

時間外(夜間)のお打ち合わせOK!

●電話受付 10:00~19:00
●定休日:第1・第3火曜日および水曜日
●土日もOK!
●時間外(夜間)のお打ち合わせOK!

※離婚や相続に伴う不動産・住宅ローンに関するご相談のみ承ります。
 
離婚そのものに関するトラブル(慰謝料や養育費等)につきましてはお受けしかねます。ご了承ください。
※対象エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉(他府県の方はお問い合わせください)
※お問い合わせ対応は、提携不動産会社のフォワード98株式会社に委託しております。

© 2019 general incorporated association shared equity real estate problem research institute

© 2019 共有不動産問題相談センター