共有不動産のリスク

相続時に両親の不動産を子供たちで等分に分け合って共有名義にすることがよくありますが、しばらく経ってから、その不動産に住んでいる兄弟と住んでいない兄弟の間でトラブルになることがあります。
また、共有名義のうちの一人が亡くなった場合等に、相続が混乱することもよくあります。
後々のトラブル回避のためにも現在の状況を把握しておくことが大切です。

実家を兄弟で相続

父親の賃貸住宅を兄弟で相続

兄弟が多い家族が不動産を相続

上記のような場合はトラブルになる可能性がありますので、放置せず、共有名義者間で権利関係を簡素化しておくことが大切です。

メールでのお問い合わせはこちらから

★お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-689-798
※電話受付時間 10:00~19:00
※定休日:第1・第3火曜日および水曜日

共有不動産問題相談センター

© 2019 共有不動産問題相談センター